プロジェクトリーダーの仕事とミッション

こんにちは、総務のクドウです。
去年の「#事業を支える人」を紹介した記事に少し反響がありまして、その中に「お仕事について詳しく聞きたい」というお声をいただいたので、改めてまとめてみました。

どんなことができるのか

システムとハードの両面のスキルを学べる

プロジェクトリーダーのメイン業務は受託案件の開発ですが、案件がない期間は製品もしくはサービスの企画・開発に携わることができます。

現在、Amazonで販売しているBLEAD-B(ブリードビー)は、たった3ヶ月で完成させた自社製品です。
メンバーは組込みエンジニアとSEの少数で構成し、お互いをパートナーとしてゴールを目指して開発します。
そのあと試作品の実証実験をして性能が確認できると国内の工場で量産化されます。
当社ではこのように少数でプロジェクトがスタートするため、スピード感のある開発に挑戦できます。

どんなことをやっているか

恵比寿がソフトウェア開発、大井町はハードウェア開発を行なっております

恵比寿では「誰もが活躍できる社会を実現する」をミッションに業務に合わせた製品、システム開発を行なっています。特定の人に偏った業務負担を軽減させる、トレーサビリティを自動化して生産を効率化するなど、働き方をテクノロジーで改革する事業です。

主な事業内容

最後に

現在、マネージャー候補のフルスタックエンジニアを募集しています!
ものづくりに携わる環境が揃っている当社にご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

関連記事

  1. 経験がない製品開発に挑戦 #事業を支える人

  2. 社会を支えるシステムエンジニア【PL/PMの経験者を募集中】

  3. コンサルティングサービス