いよいよ来週開催(o_o)Developers Summit 2018 に出展します!

気がついたらもう来週に迫っているデブサミ2018!仕込んでいた大ネタが調整つかずガックリしながらも、気を取り直して準備に邁進しているマーケティング担当の金尾ですm(_ _)m
(今回仕込んでいたネタはいずれの機会にリベンジしたいと思っているので、頭の片隅でご期待ください)

さて今回、芳和システムデザインとして初めてデブサミに出展するのですが、そもそも世の中ではイベントが一杯ありすぎてどれに出たらいいのやらと思うことありますよね。出たいけど人手もお金もかかるし・・・土日にかかるのもあるし・・・そもそもイベントに出て意味あるの?とか言われることもあるし・・・はたまた私もセッション聞きたいし・・・。

そんな中で今回出展を決めたのはいくつかの理由があるのですが、まずは開催のタイミングです。昨年末にホームページをリニューアルしたこともあり、このタイミングでたくさんの技術者の方に弊社を知っていただけるリーチの機会となるイベントだったことが大きな要因の一つでした。

それからもう一つは、営業活動とは別に直接コミュニケーションを図れる場であるということです。このブログを読んでくださっている方はご存知のこととは思いますが、弊社はBLEADというBeacon製品の販売もしていますが、それ以上にご提供できる価値は”ハードウェアそのものを開発しつつその特性を生かしたシステムを作れる”という点にあります。ただ、これの中身をWebで(文字や図で)理解していただくことは非常に難しい。具体的な事例を載せることができればまだイメージしていただきやすいのですが、多くのお客様と行った案件の事例は山ほどあるものの、公開できないセンシティブな案件ばかりというやんごとなき事情もあり、面と向かって説明できる機会が重要だったりする次第です。(とはいえ、導入事例は可能な限り公開していきますので、こちらも今後をご期待ください!)

というわけで、デブサミのブースではいろんな方とお話しさせていただきたいなと思っています。

で、何を展示するのかと言うと、弊社が持っているソリューションの一つである「会議室管理システム」を実機でデモを行います。これはBeaconを内蔵した専用のプレートを会議室ごとに設置し、すでに会議室予約で使っているグループウェアと連動させるだけで、自動予約/キャンセルや会議室の利用状況の把握などが行えるソリューションです。突然の来客にシステムから部屋を予約するのではなくてプレートを操作するだけで予約ができるようになったり、予定より早く終わった会議室をリリースしたりすることも簡単に行うことができるので、「予定表だと埋まっているのに、実は空いている」といった状況も回避できるようになります!(逆に言うと「予約したのに使わなかった人」も一目瞭然、バレてしまいます^^;)

当日はこの専用プレートを新しくデザインしたものをお持ちするので、ぜひ見に来ていただければと思います。

あとおまけとして、芳和システムデザインのステッカーも用意しています!(サイズは名刺サイズです^^;)

私も2日間終日ブース対応していますので、ぜひお越しいただければ嬉しいです!
デブサミは来週 2月15日(木)と16日(金)の2日間、目黒のホテル雅叙園東京で行われます。
参加費も無料ですが、事前申し込みが必要なのでこちらのデブサミ2018公式サイトからご登録ください。

皆様にお目にかかるのを心から楽しみにしております!