準天頂衛星やIoTを活用した未来の防災システム

こんにちは、総務部のクドウです。
芳和システムデザインは衛星測位利用推進センターの取り組みである、地域と連携した防災事業に協力しています。具体的には、屋内外や地下での正確な位置情報の把握に当社のBeaconを活用し、地域の安全・安心な社会づくりを目指します。

平常時と緊急時に関して
使用製品

BLEAD-TSH(ブリード ティーエスエイチ)
「温度センサー」、「加速度センサー」、「距離の変化通知」に対応したBeaconモジュールです。Beaconとスマートフォン対応アプリを連携すると子どもの見守り、モノを探すなどのサービスにご利用頂けます。

BLEAD-LOG Ver.2(ブリード ログ バージョン2)
センサーデータを収集する「ロガー」です。Beaconの電波受信及び、100mS毎の加速度センサデータを内蔵Flashに保持し、USB経由でPCから保持したデータを吸い出すことができます。

BLEAD-GW-Ver.3(ブリード ゲートウェイ バージョン3)
Beacon情報及びBeaconセンサーデータを指定サーバ(クラウドまたはオンプレ)に送信する「ゲートウェイ」です。

本事業について詳しくはこちらの資料をご覧ください。

関連記事

  1. ワインのボトルに加速度センサー付きBeacon(ビーコン)を取り付けて…

  2. LINE BOOT AWARDS 2018 にエントリーしました!

  3. Beaconアプリ開発記【その1 開発準備編】

  4. 自宅Wi-Fiお知らせアプリ開発【第二回】 Beacon 探索機能編

  5. Beaconアプリ開発記【その2 領域監視編】

  6. Beaconアプリ開発記【その3 情報取得編】