Tappiness(タピネス)がオフィスにやってきた!

こんにちは。マーケティング担当の金尾です。

ちょっと前の話になるのですが、キリンさんの新しい自動販売機サービス”Tappiness(タピネス)”対応の自動販売機を恵比寿オフィスに設置しました!
このTappinessはキリンさんとLINEさんがコラボしたサービスで、スマホのLINEアプリを自動販売機にかざしてドリンクを購入すればポイントや特典をもらえる内容になっています。

特徴としては、専用のアプリは不要でいつも使っているLINEのアプリを使用できること(キリンさんのLINE公式アカウントと友だちになっておく必要はありますが)、いろんな決済方法に対応していること(現金はもちろんLINE Payや電子マネーでもOK)、それから貯まったポイントの特典チケットを友だちに送ることができること(15ポイントで一本無料となる特典チケットが貰えます)が挙げられます。

Tappiness対応自動販売機

で、なぜこのブログで紹介しているかというと、察しの良い方はお気づきかと思いますが、この自動販売機とLINEアプリを接続する時にBeacon(ビーコン)が使われていて、そのBLEを使った通信のハードウェアの設計と製造を弊社で担当させていただきました。

自動販売機にLINEアプリをかざすと接続が行われ、ドリンクを購入できるようになります

接続が完了すると、自動販売機側にも「Good」と表示が出ます

特に日頃からLINEを使用している方にとっては、すぐに使い始めることができるのでとても便利ですね。

最近はユーザー側が意識しなくて良いIoTソリューションが増えていますが、これも身近な例の一つです。
街で見かけたらぜひ使ってみて下さい!

芳和システムデザインでは、このように個別の要件に合わせたハードウェアの設計・開発および量産まで対応させて頂いています。なにかお困りのことや新しいIoTソリューションに取り組もうとされていてお悩みごとがあるようでしたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

【お問合わせはこちらのメールアドレスにご一報ください】

関連記事

  1. IoTを上手に活用する仕組み(後編)

  2. 【システム開発】未経験から活躍したい人を募集!

  3. IoTを上手に活用する仕組み(前編)

  4. やりたいことを目指す | インタビュー#1

  5. 「導入事例ページ」に “開発事例”を追加しまし…

  6. 2018年上半期 読まれたブログ記事 Top 10!(の後編)