2020 年に向けて 〜 選択と集中 〜

こんにちは、マーケティング担当の金尾です。
2019 年も今日も入れてあと 6 日間。もう仕事を納めてお休みに入っている人もおられるかもしれませんね。
そのせいなのかはわかりませんが、先週の土日あたりから 「そもそも BLE って何?」 の記事へのアクセス数が急激に増えていまして、もしかすると休み中の学習目的で読んでいただいているのかもと思ったりしている今日このごろです。
さて、今年に入ってこのブログも 88 記事目となりました。振り返ってみると今年も色々ありましたね。
2月には 「日経産業新聞の 1 面」 に弊社を取り上げていただいたり、光と音が出るビーコンでホテルのクローク業務を効率化するソリューションやクレーンゲームと連動したアプリを 「ロケーションビジネスジャパン」 でご紹介したり、LoRaWAN や GPS などを活用したロケーションビジネスを始めるためのプラットフォーム 「BLEAD-WAN」 のサービスを開始したりと盛りだくさんの一年でした。
では、来年に向けては? ということで先日少し社長と話をしたところ 「選択と集中」 が大きなキーワードとなってきそうです。
ハードウェア事業についてはこれまで以上に Bluetooth にフォーカスし、機能追加含め強化していきたいと思っています。ソフトウェア事業についても案件規模の拡大を進め、それに伴い人材は広く求めていきたいと考えています。
「ハードウェアの開発(量産)力」 と 「そのハードの性質を最大限に活かすソフトウェア開発力」 の両面をもってお客様のニーズにお応えできるという弊社の大きな強みをさらに研ぎ澄ませて行きますので引き続きご期待いただければ幸いです。
さて、来年はオリンピック/パラリンピックが東京にやってくることもあり否応なく慌ただしい雰囲気になってしまいそうですが、この年末年始にゆっくりと英気を養ってしっかり 「選択と集中」 が遂行できるよう整えたいと思っています。
皆様も良いお年をお迎えください! 本年も本当にありがとうございました。

関連記事

  1. 芳和さんってシステム開発もできるんですか?

  2. 自分たちの手でゼロからつくる | インタビュー#2

  3. Tappiness(タピネス)がオフィスにやってきた!

  4. 【システム開発】未経験から活躍したい人を募集!

  5. 現役大学生のプログラマー日記 #4

  6. IoTを上手に活用する仕組み(前編)