芳和登山サークル!初陣!【鋸山編】

こんにちは!総務のクドウです。
突然ですが、芳和システムデザインでは部署の壁を越えて「好き」なコトで交流を深める「サークル活動」という制度があります。
今回はその中のひとつである「登山サークル」をご紹介いたします!

ところで皆さん、運動していますか?
運動したいが何か目標がないと体が動かない、そもそも運動したことがない、そんな社員の健康を維持するため、創立したのが登山部!
そして、その記念すべき第一回目は、千葉県の鋸山(のこぎりやま)です!
それでは、行ってみようーーーー\(^◇^)/\(^◇^)/\(^◇^)/

鋸山は、建築資材となる良質な石材でできており、江戸時代から昭和60年(今から31年前)まで採石されていました。

自然歩道から鋸山まで、ゆっくり歩いて約1時間40分、垂直の岩壁にかこまれた「ロープウェー山頂」付近へ。
直角の岩肌をよ〜く見ると、ギザギザとした溝が見えます。
この溝が、鋸の歯のように見えることから鋸山という名前がついたそうです。

そして一番の見どころ「地獄のぞき」へ・・・。

この岩場を登った先に「地獄のぞき」の展望台があります。
この時、不幸にも小雨がふり、とても滑りやすくなった路面を目の前に、クドウは手すりに捕まり、非常にゆっくり、そして慎重に登りました。
気づけば、足が産まれたての子鹿のようにプルプル震えています。

展望台から見た下の眺めは高すぎて泣きそうなくらいです(プルプル)
まさに一寸先は崖。スリル満点な展望台です。
眼下には通称「ラピュタの壁」と言われる絶景ポイントが見えます。
※Google Mapで検索すると「ラピュタの壁」と地点登録されている有名な場所。
そろそろ・・・目が潤んで目の前がかすんできたので、ここを降りて「360度展望台」へ。

「ロープウェー山頂駅」から15分登ったところにある「360度展望台」にきました!
ここでは、金谷港のまちなみが一望できます(小さなお子さんと来られるならこっちがおすすめです)
この展望台には有名なスィーツがあります、その名も「地獄アイス」というソフトクリーム。
バニラアイスに竹炭を使用し、豊富なミネラルを含んだ真っ黒いアイスです!
味は、安定のバニラアイス!
汗をかいた時にはぴったりなスィーツですが、笑った時のお歯黒がなんとも言えない一品でした。
(ごちそうさまです)

海風にあおられつつ、展望台で記念写真を撮影!
フォトジェニックという言葉が一番似合う展望台ではないでしょうか。
部員の満面の笑顔を見て癒されるクドウ、この写真にタイトルをつけるなら「山と部員の絆が芽生えた」です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回の鋸山は標高 329m(大体、東京タワー333mと同じくらい)
次の登山サークルは、どの山を目指すのか、お楽しみにー!

現在、芳和システムデザインでは新しい仲間を募集しています。
会社見学したい!遊びに行ってみたいなど、ご興味がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問合せ先

関連記事

  1. ロボット部!二足歩行に挑戦【そのいち】