尾瀬に行きました 2日目

なーさんです。
7月某日、社内の有志にて1泊2日で尾瀬に行ってきました。
1日目に続いて2日目の様子です。尾瀬沼を通って出発点の戸倉まで戻ります。
1日目の様子はこちらから。

前日夜は早々に就寝したので、疲れも取れ気持ちよい目覚めです。そして外を見ると、

うん、いい天気だ!

起きたのは早朝4時半です。
話し合いの結果、5時半に宿を出て尾瀬沼を経由し、昼には戸倉に戻り、あとは温泉入って
美味しいもの食べて帰ろう!となりました。

軽く食事をしたあと行動開始。
2時間近く歩いて尾瀬沼に抜けます。昨日の平坦な尾瀬ヶ原とは違い、今日は山の中です。

樹林の中をひたすら歩きます。
木々盛る森の道、熊さんに出会わないことを願いつつ、街中では味わえない鳥の鳴き声や川のせせらぎ、そして清々しい空気を楽しみます。

そして、個人的に一番良かった場所がココ!
尾瀬沼までもう少しというところで樹林が突然途切れ、目の前に広がった光景です。
冒頭の写真にも使ったほど気に入った場所です。

白砂湿原と言うそうです。ずっとここに居たいと思いました。
早朝でハイカーもほとんどおらず、鳥の鳴き声すら聞こえません。
朝日が射し込む中、ただ静寂に、とんぼが飛び交うとても幻想的な光景でした。

白砂湿原

白砂湿原から少し歩き、ようやく尾瀬沼の西端に到着しました。
青空も緑も濃く「夏」を感じます。遮るビルや家もなく気持ちいい。このあたりの標高は1600~1700mになります。

燧ヶ岳もしっかり拝むこともできます。
ここ尾瀬沼から燧ヶ岳に向けて登山道が一直線に伸びています。いずれ機会があれば登るかもしれません。

小休止ののち、南側の畔に沿って先を急ぎます。急ぎつつも畔からの眺めを楽しむのも忘れていません。

1時間ほど歩いて尾瀬沼山荘に到着しました。
ここで尾瀬沼にさよならをし、再び山の中を歩きます。

さらに1時間ほど歩いて一ノ瀬休憩所に到着しました。これで歩きは終了です。
あとは有料送迎車とバスを乗り継いで戸倉まで戻るだけです。

戸倉方面へのバスへの乗り換えは、大清水休憩所です。
乗り換えバスを待つ間、売店で軽く食事をしました。出発前にパンを食べて以来なので、これが本当の朝ごはんです。

バスに揺られて約20分、出発地点の戸倉に戻ってきました。
まだお昼前。綺麗な景色に加えて心地よい疲労感でテンション↑↑で帰ってきました。

なんと!

戸倉の目の前に「尾瀬ぷらり館」という温泉施設がありました。
迷うことなく、ここでひとっ風呂浴びてから帰りました。

大雨にあったりもしましたが、結果的に

たいへん良い夏の思い出となりました!

関連記事

  1. KXR-L2がロボット部にやってきた #1

  2. 登山サークル!筑波山に登る

  3. ロボット部が「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しま…

  4. ボロットの作り方 #2

  5. 登山サークル!ご利益巡りに行く【高尾山編】

  6. 富士山や東京都内を一望する!大山の魅力