マーケターがオススメする恵比寿のおいしいランチ【新規開店 編】

こんにちは、マーケティング担当の金尾です。

前回は「久しぶりにオフィスに出てきたら、閉店してしまったお店があって悲しい」と書きましたが、一方で新たにオープンしたお店もチラホラ見かけるようになりました。

今回はそんなお店の中から2店ほどご紹介したいと思います。

かけうどん(小)& かき揚げ – 香川一福


恵比寿駅から駒沢通りを渡ってちょっと行った先にうどん専門店が出来ていました。朝から仕込みをしている姿を横目に見ながら、「いつか行ってみよう」と思っていたのですが、先日思い立って伺ってみました。

後から調べてみると、どうやら「肉うどん」や「カレーうどん」がウリのお店だったようなのですが、そもそも「かき揚げ」に目がない私は素のかけうどんにかき揚げトッピングを注文しました。

うどんとかき揚げは別盛りで提供されます

かき揚げは注文が入ってから揚げ始めてくれるので、熱々のものをいただくことができます。個人的にはうどんのスープでかき揚げをほぐしながら食べるのが好きなので、うどんの上に乗せていただきました。

うどんのコシはほどよく、スープも甘くなくスッキリしていてスッと飲み干せてしまう感じ。高さのあるかき揚げは野菜のかき揚げで、玉ねぎ、ニンジン、かぼちゃの細切りと大葉が入ったヘルシーなものでとても美味しかったです。かき揚げ自体にボリュームがあるので、かけうどんは小でちょうどよい感じでした。

カウンターに添えられていた七味も気になる一品でした。

辛味だけでなく山椒の香りがすっと抜けるこれまで食べたことのない味で、「これだけでも欲しい!」と思ってしまいました(どうやら、香川県のうどん屋さんではよく使われている七味のようでした)。

お昼時はお店の外で何人か待たれていることがありますが、回転は早いのでそんなに待つことなく入れると思います。
次回は「肉うどん」か「カレーうどん」をいただいて見たいと思っていますが、ランチだでけなく小腹にすっと入れたい時にも行ってみると良いと思ったお店です。

くわしくは 讃岐うどん 香川一福

らーめん 原点 & 煮玉子 – 人類みな麺類


ちょっと一風変わった店名に惹かれて寄ってみました(大阪に本店があるお店のようです)。今回注文した醤油ベースの「らーめん 原点」の他に、もう少し濃い目のスープ(と思われる)「らーめん micro」と魚介ベースの「らーめん macro」の3種類が用意されていました。

「らーめん 原点」は、「the中華そば」的な王道の醤油ラーメンのスープを少しだけ角をとって上品に仕上げた感じで、「あぁ、こういうラーメン、最近食べてなかったな」と思わせる懐かしい味のする一品でした。麺は少し太めでスープと良く絡み、細麺の方が好きな私ですが全く気にならず食べられました。

麺の大盛りや替え玉もできるそうです

特筆すべきは、肉厚でトロトロの焼豚!
写真では良く分からないかもしれませんが、どちらかというと角煮のような厚みでドンと鎮座されています。これが本当に美味しい。バラ肉の脂と肉のバランスが絶妙で、一気に食べきってしまいました。この焼豚を「2枚のせ」にすることもできるようでしたので、次回は今回以上にお腹を空かせて伺い「2枚のせ」に挑戦したいと思っています!

懐かしい中華そば系の醤油ラーメンを食べたい方には特にオススメしたいお店でした。

くわしくは 人類みな麺類

最後に

これらのお店以外にも新しい店舗が増えてきて、恵比寿の人通りも少しずつ戻ってきている感じがします。
とはいえリモートワークが中心なのでランチのお店を新規開拓できる機会は少ないのですが、また気になるところを見つけて紹介させていただきたいと思っています。

関連記事

  1. 恵比寿オフィスの近くにある美味しいオムライス!2選

  2. マーケターがオススメする恵比寿のおいしいランチ【中華料理編】

  3. マーケターがオススメする恵比寿のおいしいランチ!【パン屋編】

  4. マーケターがオススメする恵比寿のおいしいランチ【薬膳料理編】

  5. マーケターがオススメする恵比寿のおいしいランチ【多国籍料理編】

  6. マーケターがオススメする恵比寿のおいしいランチ【番外 ビール編】