そうだ!特注クリスマスケーキを作ろう

この記事は「Houwa System Design Advent Calendar 2018」の14日目の記事です。
こんにちは、総務部のクドウです。
クリスマスまであと5日となりました。
オフィスがある恵比寿駅周辺も大きなツリーや装飾でどこもクリスマスムード。
芳和も今年はどんなイベントを企画しようか、金尾さんと2人で悩んでいました。

クドウ「クリスマスといえば七面鳥とケーキを囲んでパーティですかね!」
金尾「う〜んベタすぎるかな…」
クドウ「でも何かプレゼントをしたいですね…何がいいのか」
金尾「それなら特注のケーキとかどうかな?」
クドウ「それだー!」
あっという間に即決して、ケーキのデザインに取りかかりました。
という事で今回は、エンジニアに大好評だった特注クリスマスケーキの作成レポートをお送ります。

①特注ケーキを作ってくれるお店を探す

ケーキを注文するなら見た目のクオリティと、素材にこだわった美味しいものがいいな〜と思いながらネットで探したら、このふたつの要望を叶えてくれるお店がありました。
3日前から注文できるケーキ専門店ドルチェマリリッサです。
こちらは写真をホワイトチョコレートに印刷してくれたり、似顔絵から特性のアイシングクッキーを作ってくれます。

②ケーキをデザインする

ここからケーキのイメージ図を考えていきます!
まずこのイベントにかかせないキーパーソンである「サンタさん」
せっかくなので大崎さんをキャラクター化してクッキーにしようと考えました。
作業の工程は、本人の顔写真からボールペンでそれっぽく描き、Illustratorでトレースして完成です。

お次はケーキの土台です。
ここでサンタさんのマストアイテム、プレゼント袋を使い、最後に芳和のロゴを飾りつけ…
じゃじゃ〜ん!

あとはお店で出来上がるのを待つだけ、完成が楽しみです(ホクホク)

そして後日、忘年会の席でケーキを出しました。
みんなの反応は「おぉ〜〜〜」という感性が上がりスマートフォンの連写が止まらなかったです(喜んでくれてホッと一安心)

この後、みんなでショートケーキを食べつつ「今年の自分へのクリスマスプレゼントは?」というお題を一人一言ずつ発表。
大崎は意外にも「ベルボトムに挑戦します」という回答に、平成生まれの若手が「それは何ですか?」という純粋な質問を投げかけていた様子が微笑ましかったです。

最後に

他にも芳和では1年を通していろんなイベントを開催しています。
特注ケーキを実際に味わいたいエンジニアの方は、ぜひ当社の採用ページからご応募ください。

採用情報サイトはこちら

次回も楽しいブログにご期待下さい!(次からはカロリーを抑えます)

関連記事

  1. 利用者の”IT”リテラシー

  2. 6/13から開催!ロケーションビジネスジャパン2018 出展内容のご紹…

  3. 2018年の出展したIT系イベント振り返り

  4. コミニティイベントをさらに盛り上げるノベルティ

  5. Android Bazaar and Conference 2018 …

  6. コミュニティ勉強会「PWAに備える3ヶ月」vol.2に参加してきました…