私たちがプロダクト作りを毎年続ける理由

こんにちは、総務部のクドウです。
当社には「新しいことに挑戦する」企業文化があります。
例えば、各部署からメンバーを選出してプロダクトチームをつくり、開発したサービスを展示会に出展するという取り組みもそのひとつ。

社内で「やってみない?」の一声で全く経験のない製品開発に挑戦することになったエピソードは一見すると「担当外の分野を任せるなんて理不尽だ」と思われてしまいます。ですが、アイデアの段階から試作品の完成まで”やり抜く力”を養うには実践から学ぶことが個人の成長につながると思います。
さらにチーム体制のメリットとして「あの人は何をやっているのか分からない」という疑問がクリアになり「この質問はあの人に聞いたらいいかも」という信頼関係も生まれます。
普段、働く部署は違うけれどチーム一丸となって開発する経験が、結果として組織の活性化につながっているかもしれません。

政府による外出自粛の呼びかけで自宅で過ごす時間が長くなりました。
そんな中、家族との過ごし方に悩まれている方も多いのではないでしょうか。
ご自宅で楽しい時間を過ごしていただけるようオリジナルのぬりえをつくりました。
下記からプリントアウトして遊んでみてくださいね!
BLEAD-B (ブリード ビー)
BLEAD-TAG (ブリード タグ)
当社では新しいメンバーを募集中です。
IoTサービスの開発に興味がある、まずは話だけでも聞いてみたいという方も毎日募集しています!お気軽にご連絡ください。
それではまた次回も楽しみに~!

エントリーはこちら

関連記事

  1. 2020 年に向けて 〜 選択と集中 〜

  2. 現役大学生のプログラマー日記 #3

  3. IoTを上手に活用する仕組み(後編)

  4. ISMSとQMSの認証取得に際して

  5. 新入社員歓迎会を開催しました!

  6. 参加率90%以上!エンジニアが飲み会に参加する理由