登山サークル!東京タワーを登る

こんにちは、総務部の工藤です。
太陽がサンサンと、緑もいよいよ濃くなってきた今日この頃。もうすぐ夏がやってきますね。
しかし夏の前には梅雨という憂鬱な季節がやってくるもの。

先日のことになりますが、クドウと登山サークル部員は途方にくれていました。
山に登る予定日の天気が、前日になって急に晴れから雨にかわり、早くも都内では小雨が降っていたからです。
てるてる坊主を毎日大量生産したクドウの努力は虚しく、悔し涙が頬をつたいます。
こうなっては仕方ありません。残念ですが、本当に残念ですが、美味しいご飯でも食べに行って鬱憤を晴らすとしましょう。
なーさん「部長、どうしますか? 部長〜〜〜」
クドウ「仕方ないです、部員を危険にさらすことは出来ないので中止して、美味しいものでも食べにいきましょう」
なーさん「仕方ないかぁ」
クドウ「ですよね、なので美味しいものを・・・」
なーさん「自分はかわりに東京タワーの階段登ろうと思ってます、行きます?」
みやいちさん「いいね!じゃあ東京タワーで集まりましょう!」
クドウ「ぐぬぬ、美味しいもの・・・」
というようにトントン拍子で東京タワーに登ることが決まりました!
それでは早速、その様子をレポートしていきます。

東京タワーはメインデッキまでは階段で登れます。
高さは150mほどで階段数は600段あり、ビルで例えると45階ほどの高さになります。
超高層ビルを階段で登りきる体感になりますね。
では、一階のチケット売り場で入場券を購入し、いざ東京タワーを登ります!
普段の山登りで鍛えたクドウであれば、これぐらい余裕ですね!

はい、赤く塗られた階段を登って15分ほど、息も絶え絶えになってきました。
山のなだらかな傾斜と違い、階段は急な登りが続くので疲れ方が違います。休憩はいつもより頻繁にとりました。
そして同じような階段が続くため、本当に上っているのか心配になりましたが、ふと横を見ると「333段目」の文字が!ここまでやっと半分以上。

外の景色もだんだんと変わってきて、普段は見ることのできない高層ビルの屋上と同じ目線になりました。
あんなところにヘリポートが!なんて新発見もありつつ、あのビルより自分が高い位置にいる優越感に浸れるのがこの醍醐味ですね。
この時、ふと頭に思い浮かんだ「高層階に住んでいる人は外で洗濯物を干せないのでは?」という素朴な問いが浮かびました。
が、それに答えるように風が強く吹いて体が持っていかれそうになったので「きっと布団が◯っ飛んだ状態になってしまうのでそれはないでしょうね。」と、笑いを堪えるクドウ。
その横で冷たい視線を向ける部員を引き連れて、さらに上へ昇ります。

そしてやっとゴールの600段目に到着!
かかった時間は約20分ほど。
(散々弱音は吐きましたが)登山の練習にはいい肩慣らしにいいですね。

メインデッキからの景色もすごく綺麗で圧巻でした!
山を登ったときは自然の景色を楽しめますが、たまにはこういう大都会のパノラマもいいですね。

ちなみに登り切ると「昇り階段認定証」がもらえます!
裏面は東京タワーのいろんな景色が印刷されていて全部で10種類ほどあるんだとか。
というわけで、今回は一風変わった山(?)上りレポートでした。
健康に気をつけつつ、今後も仕事を頑張っていきたいですね。
以上、クドウがお送りしました。

関連記事

  1. 登山サークル!ご利益巡りに行く【高尾山編】

  2. スイーツ部がおすすめする!絶品チーズケーキ

  3. ロボット部が「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しま…

  4. ボロットの作り方 #1

  5. ロボット部!二足歩行に挑戦【そのいち】

  6. スイーツ部がおすすめする!エンジニアの心をグッとつかむ絶品スイーツ