ビーコンを使ったソリューションの紹介

こんにちは、マーケティング担当の金尾です。
ここのところテクノロジー系の記事ではアプリやシステムの開発系の話が多かったので、今日はハードウェア周りも含め弊社が提供しているビーコンを使ったソリューションについて紹介したいと思います。

ご存じの方も多いと思いますが、弊社では自社開発したビーコンをBLEAD(ブリード)というブランドで販売しています。

ビーコンは Bluetooth Low Energy(BLE) という電波を使って、モノの位置を知らせたりセンサー情報を乗せて発信したりする特性を活かしながら様々なシーンで活用されています。しかし、上手く使っていくには利用する場所や目的に合わせた調整が重要になります(電波の強さや設置位置に加えて、アプリで使用するデバイス特性なども考慮しなくてはなりません)。

また利用用途によっては Bluetooth の規格やセンサーの種別、電源の仕様などをカスタマイズしたハードウェアを新規に作る必要が出てくるケースもあります。
そういう個別のご要望に合わせてハードウェアもシステムもアプリも柔軟に対応できるところが弊社の大きな強みとなりますが、具体的な活用領域をソリューションという形でまとめて提供させていただいています。

その中からいくつかをまとめる形で記事化しましたので、気になった内容がありましたら、下記メールアドレスまでぜひ一度お問い合わせください。

所在確認ソリューション


ビーコンを使ったソリューションとしては一般的な利用方法の一つのいわゆる「モノ探し」です。管理対象のモノにビーコンを取り付けておいて、必要になった時にアプリで場所を特定できる形です。例えば倉庫内の箱ごとにビーコンを設置しておき、どの倉庫に保管されているか、どの棚の何段目に入っているかといったことが分かるようになります。

詳細については以下のページをご参照ください。
https://houwa-js.co.jp/confirmation/

また最近では BLEAD-SL というLEDとスピーカーを内蔵したビーコンを使用することで、対象のモノに近づいた際にビーコンが音と光を発し所在を知らせるという、より直感的に場所を検知できるような使い方もされてます。

BLEAD-SL には、すぐに活用いただけるよう BLEAD Buzzer という専用のアプリ(無料)も用意しています。
詳しい動作内容を紹介した動画も公開していますので、ぜひ一度ご覧ください。

在庫管理ソリューション


圧力センサーとビーコンを組み合わせて使い、圧力センサーの上に乗っているモノの量が少なくなった際に通知することで、効率的な在庫管理が行えると言うものです。商品の在庫だけでなく、例えばビュッフェで提供している料理の量や、オフィスで提供している冷蔵庫内のドリンクの量を管理する場合などで利用されています。

詳細については以下のページをご参照ください。
https://houwa-js.co.jp/catering/

商品の利用状況を見える化ソリューション


これは加速度センサーとビーコンを組み合わせた仕掛けです。店舗内の商品に加速度内臓のビーコンを取り付けておくことで、お客様が手に取った回数や時間帯などの情報を取得してマーケティングデータとして活用したり、手に取ったタイミングで販売員のインカムやアプリに通知し適切なタイミングでお声がけできるように支援するといったシーンで利用されています。

詳細については以下のページをご参照ください。
https://houwa-js.co.jp/acceleration/

より広いエリアで位置情報を活用するためのプラットフォーム


屋内・屋外含め広いエリアで位置情報を活用したソリューションを生み出すためには、ビーコンだけでなく GPS や他の通信方法などを上手く組み合わせることも重要です。

弊社ではこれらのテクノロジーを組み合わせたハードウェア群に加え、スマートフォン向けアプリと PC向け Webアプリのベースも用意した IoT プラットフォーム「BLEAD-WAN」を提供しています。

子供の見守り」や「工場内での配送者の待機情報管理」といったシーンで活用いただけます。

詳細については以下のページをご参照ください。
https://houwa-js.co.jp/blead-wan/

最後に

これら以外にもビーコンは様々なシーンで活用されています。
弊社はご要望に合わせてハードウェアもシステム周りも個別に開発して対応させていただくことが可能です(弊社が提供できる領域の詳細はこちらでご確認ください)

「こんなことができたらと思っているのだけど・・・」ということがあれば、お問い合わせをお待ちしております。

関連記事

  1. 何でこうなるの?現場で起きた開発回顧録【その2-JSFライフサイクルと…

  2. 高精度気圧センサDPS310の実力を試してみた 【前編】

  3. アジャイル ~壁を乗り越える~【第3回 壁を乗り越える】

  4. ビーコンを使った出席管理アプリパッケージの使い方

  5. BLEAD-TSHで遊ぼう!【作例集 サイコロを使ったサイコロトーク編…

  6. ASP.NET MVC で Wijmo を使う – 4