加速度センサーを内蔵したビーコンの仕組みと活用事例

こんにちは、総務部のクドウです。
つい最近の話ですが、当社サイトに加速度センサーのwebページを制作するまで加速度センサーの仕組みを全く理解していなかったクドウ。
メーカーに勤務してもう3年を迎えるのに…知らないなんて恥ずかしい話です。
そこで今回はセンサーを内蔵したビーコンについて説明したいと思います!

BLEAD-TSH(ブリードティエスエイチ)」は加速度センサーを内蔵したビーコンです。
(ちなみにTSHはTag + Sensor + Handyの略語)
この加速度センサーは時間あたりのXYZ方向の速度変化を出力します。
そして出力された速度変化値を電波に含めてビーコンから発信することができます。

速度変化値のアドバタイズ

これを利用して、例えば工場の作業員が倒れて動きがない(速度変化値の変化がない)場合、電波を監視して管理者にアラートを挙げることで事故発生時の迅速な処置が可能になります。
またお客様がお店の商品を手に取られた(速度変化値の変化があった)時に電子看板に情報を表示するなど、ディスプレイと連携した広告配信にも活用できます。
その際のシステム構成は、ビーコンと電波を受信する機器(Bluetooth対応のスマホやタブレットでも対応可)があれば完結します。
もしセンサーデータをマーケティングに活かしたいのであればサーバーにデータを蓄積すれば容易に利用できると思います。

システム構成図

今回紹介した活用事例以外にも様々な活用方法があるので、モノや人の動態に合わせたサービス提供をお考えの方はお気軽にご相談ください。
製品のお問合せ

関連記事

  1. BLEAD(ブリード)のデータシートをアップデート!Beaconの活用…

  2. Beaconモジュール “BLEAD-B Ver.2…

  3. ビーコンを活用したセキュリティ機能

  4. 携帯型Beaconモジュール “BLEAD-TSHR…

  5. 超消費電力ビーコン「BLEAD-TAG」のページ公開!