登山サークル!ご利益巡りに行く【高尾山編】

新年明けましておめでとうございます!総務のクドウです。
さて、皆さまはどんなお正月を過ごしましたか?
弊社は「今年も健康で良い年を迎えたい」という登山サークルの要望で、パワースポットで有名な高尾山に登りました。
そこで本日は「高尾山でご利益巡りをした体験記」をご紹介します!
それでは、行ってみようーーーー\(^◇^)/\(^◇^)/\(^◇^)/
前回は鋸山に登りました、コチラからどうぞ。

早速、登山コースですが、まず「1号路」を通って高尾山薬王院まで上り、そこからたこ杉まで一旦下り、「4号路」を通って頂上まで上ります。


スタートは京王電鉄高尾線の終着駅、高尾山口駅からです。
早朝から集合したのにも関わらず、駅には人がたくさん。
こちらの駅員さんにその理由を聞いたところ、ミシュランガイドで紹介されてから有名になり、それから年間登山者数が約260万人にのぼって「登山客数が世界一多い山」になったそうです。
ふむふむ、ひとつ賢くなりました。

そして駅から歩いて5分のところにある清滝駅でケーブルカーに乗ります。
このケーブルカー、終点の高尾山駅まで徒歩で行くと50分かかるところを、6分で到着します。
(およそ271mの距離を6分って・・・)
またこのケーブルカーにも凄い記録がありまして、なんと路線内にケーブルカー史上日本一の急勾配「31度18分」が存在。

図で表すとご覧ください、ほぼ崖です!(笑)
これはさぞかし怖い乗り物かと思いきや、車内はちゃんと水平になっていて普通の電車と同じ快適な乗り心地であっという間に高尾山駅に到着。
さあ、ここからご利益巡りが始まります。

1箇所目「ひっぱりだこ」(ご利益:仕事運)
たこを撫でて拝むことにより、人や仕事で「ひっぱりだこ」になるそうです。

2箇所目「六根清浄石車(ろっこんしょうじょういしぐるま)」
(ご利益:眼・耳・鼻・舌・身・心の六根を清らかにする)
山に登り、石車をぐるぐる回すと、心身がリフレッシュします。

3箇所目「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」(ご利益:煩悩を取り去り智慧を得る)
叶えたい願いを強く念じながら石の輪をくぐり抜け、自身の氏名と住所を唱えながら大錫杖(だいしゃくじょう)を長い棒で強く打ち鳴らすと煩悩が取れて智慧が得られます。

ここでクドウの中に強い確信が生まれました。
クドウ「運気が上がった気がする!そう思いませんか?」(キリッ)
社員A「またまた・・・。」
本当にご利益の効果があったのか、試しにおみくじを引いてみることにしました。

おみくじの結果は・・・。
クドウ「すごーい!大吉でした。」
社員A「私も大吉です。」
社員B「おっ大吉。」
なんと全員、オール大吉。
これで開運が証明されました、ご本尊様ありがとうございます。
新年から良いお年を迎えられそうです。

ここで一旦高尾山薬王院から下り、たこ杉から「4号路」で頂上まで上ります。
4号路は急な上り下りを繰り返す道、さすがに息があがってきました。
クドウ「はぁはぁ、疲れたのでちょっと休憩します。みんなは先に行っててください。」
社員A「クドウさん、死亡フラグが立ちましたね。」
社員B「あっそういえば登った後、温かいそばでも食べに・・・」
クドウ「クドウ行きます!うぉぉぉおおお」
やる気スイッチを押してくれる優しい社員の支えもあり、息切れしながらも登ること40分。

高尾山の山頂に到着しました!
標高599mの澄んだ空気が美味しい。そばも美味しい。
(このコースの所要時間は約1時間50分でした。)
皆さま、お疲れ様です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回の高尾山は標高 599m、次の登山サークルは、どの山を目指すのか、お楽しみにー!

現在、芳和システムデザインでは新しい仲間を募集しています。
会社見学したい!遊びに行ってみたいなど、ご興味がございましたらお気軽にご連絡ください。

お問合せ先

関連記事

  1. 芳和登山サークル!初陣!【鋸山編】

  2. ロボット部!二足歩行に挑戦【そのいち】